教室のご案内

ホーム教室のご案内指導方針について

指導方針について

競わない、やり過ぎない、比べない

私の考えるバレエの指導はとてもシンプルです。競わない、やり過ぎない、比べないバレエです。

誰かと競い合い主役の座を勝ち取ったところでその子の将来に何が残るのでしょうか?辛く厳しいレッスンをして育った子供達が将来、心の優しい穏やかな大人に成長できるのでしょうか?

子供の頃バレエをやっていたという方から良く聞く話の中に、レッスンが厳し過ぎて腰を傷めたとか、大人になった今でも股関節や膝が急に痛くなって歩けなくなる時があるなどという声を耳にします。

過剰なレッスンは子供達の将来、未来を傷つけます。また、ハイレベルなテクニックを見せられ、演者の気持ちが伝わらないパフォーマンスは芸術とは言えません。芸術は本来観客の心を癒すもの、踊っている時の楽しさが喜びに変わり、心からの喜びを舞台で表現することが観客の心を癒すのではないでしょうか?

ハイレベルなテクニックを目指すレッスンをして周りと比べる・・・そんな指導では心も身体も傷付きます。人を思いやる心は育ちません。楽しさを感じること、喜びを感じること、そして自分自身を大切に思うこと・・・自分のことを大切に思う気持ちを育てることこそが、周りを大切にし人を癒す力を生み出すのだと思います。

バレエ教室は習い事の教室です。学校で味わう緊張感から解放されて、学校とは違う関係性の持てるたくさんの友達と仲良く楽しく笑顔いっぱいで育った子供達は、きっと明るく心優しい大人に成長し、自分の中に隠れている才能を開花させ、活躍してくれると信じています。


無料体験レッスン

ページTOP